宅地建物取引士の資格の概要とメリット

>

女性が活躍できる業務

費用と準備期間

女性に人気がある資格の一つに宅地建物取引士があり、資格取得にかかる費用や勉強などの準備期間を把握するのがポイントです。
合格者の多くの方が資格取得の専門学校に通学していますが、二割程度の方は通信教育など、独学で行っています。

施設やコースにより費用が異なるので、いくつか比較検討して自分に適した勉強方法や学校を選ぶのが大事です。
通学と通信講座を比較すると通学の方が費用が高い場合があります。
目標とする受験日までの日数や費用を確認して上手に利用するのが良いです。

合格後に登録が必要であり、登録するための費用がかかります。
実際にこの資格を取得して仕事で使用できるまでに、登録などにかかる時間と費用が必要です。

難易度と総合的な価値

宅地建物取引士の資格は国家試験の中でも、受験者の二割弱程度の合格者が出ています。
この人数は国家資格の中では比較的にとりやすいと言えるのがメリットです。

収入が年齢別の平均より資格手当など高いことや、インセンティブが付く可能性があるのでこの資格は価値があるのです。

女性が働きやすい会社が多い事や、正社員で就業する機会が増えるので人気があるのです。
理論的にきちんと説明が出来る方や、販売や営業など人と接する仕事が好きな方に適しています。
主任を経験して数年後に、独立をする事ができるので自営をしたい女性に人気がある資格です。
多くの資格取得を専門とする学校や通信講座があるので、勉強しやすいのが魅力になります。