宅地建物取引士の資格の概要とメリット

>

女性の就活に役立つ

女性が活躍できる業務

不動産業界は資格があると女性が活躍できる業務が多いです。
高額な不動産を紹介するので理論的に説明できる方や、接客などが得意な方に宅地建物取引士の資格は適しています。

不動産関係は女性が男性と同じくらい就業している会社が多く、宅地建物取引士の資格がある方を募集している事が多いです。
継続して勤務をすると給与が上がる場合があり、一般的な事務職と比較をして長く活躍できる可能性があります。

高額な商品を取り扱うので、やりがいがある業務が多いです。
人と接する仕事なので女性が活躍できる職場があるのが特徴になります。
営業や接客だけでなく最も重要な契約に関係する業務があるので、事務だけでは物足りない方に人気があります。

あわせてとると役立つ資格

不動産鑑定士や司法書士そして土地家屋調査士は宅地建物取引士の資格とあわせて取得すると役立ちます。
マンション管理士や管理業務主任者は同業で使用する機会が多いので便利です。
必要に応じて他の資格をとると業務の幅が広がります。

不動産関係の資格は複数あり、宅地建物取引士を取得した後に主任になるとより安定した収入が期待できます。
数年間主任として勤務をした後に、色々な方と知り合いになり独立をする方法があるので便利です。

業務に関連する資格をできるだけ取得しておくことで、女性が転職や就職をする際に有利になります。
正規雇用を探している場合は、これらの資格があると採用されやすい業界であり求人をしている会社が多いです。