宅地建物取引士の資格の概要とメリット

>

宅地建物取引士の概要と魅力

主な仕事内容

女性に意外と人気がある宅地建物取引士の主な仕事内容は、独占業務と言われる内容があります。
独占業務は宅地取引に関する重要事項の説明や、書類への署名及び捺印です。
不動産に賃貸や売買契約をする際に、必ずこれらの業務が付随するので重要な仕事の一つになります。

有資格者のみがこれらの独占業務をする事が可能であり、法律で一定人数を確保する事が宅地を扱う会社に義務づけられているのです。
難易度が比較的に高い国家資格であるため、重要なこれらの仕事をする事が多くなります。
例えば賃貸や不動産契約の際に、物件の案内は他の担当者が行い最終的な契約書の説明や書類の署名及び捺印をするのが、宅地建物取引士の行う大事な内容です。

給与面でのメリット

給与が他の男性職員と同等見込めるのが女性に宅地建物取引士が、資格として人気がある理由の一つになります。
平均年収は350万円程度が多いですが、会社によりインセンティブが発生するのがメリットです。
基本給に歩合給がつくので、女性が就職をする前に取得をするのに人気がある資格になります。

上級の資格を取得したり役職に就くとさらに高い年収が見込めるのが特徴です。
顧客がつくと収入が安定したり、独立して事務所を持つことが可能になります。
この他に一般的な事務職と比較をすると、年に二回のボーナスなどが期待できるのが魅力になるのです。
インセンティブがあったり、独立が可能な事で一般的な会社員より高い収入が期待できます。